光明版《大きな前回り》 ゆっくり丁寧。常に手足の指先まで神経を行き渡らせる。
 〜 Aの姿勢「首を立て体を止める」 Bの姿勢「重心が前に掛かり回転する」を活用して〜

 
@大きく息を吸い、今から行う演技のイメージを作る。その後、ゆっくりした動作で丁 寧にマットに手のひらを置いていく。
 
※このときまずAの「首を立て体を止める」姿勢をとり、体を止め、正しい体の位置を整える。


A頭を中に入れ、おへそを見てBの「重心が前に掛かり回転する」姿勢になると、前転が始まる。


 ※このとき、全体重が手のひらに載るので、六本の指でマットをつかむ。



※体を卵の形にするように、かかとを精一杯高く上げるように支援する。
 


 
Bなるべくゆっくりこらえながら回転。肩と頭の間から音がしないように着地する。
←着地の瞬間まで             床をけらない。
  足の指は床に           付いたままになっている。

  前回りは跳ねない。
  前転は「跳ねる」動作が     入る。


 
C背骨を一つ一つ床につけていくイメージで、ゆっくり、ゆっくり丁寧に回る。
 ※このとき、写真のように、足は指先まで神経を集中してきれいな姿勢を保つ。


D一度V次バランスで止まっても、頭を中に入れ、足を縮めるとBの「重心が前に掛かり回転する」姿勢になり立つことができる。

戻る inserted by FC2 system